プレシャスライフアカデミー
  • ホーム
12/12(土)ステンシル年賀状教室
参加者集合&ご挨拶

心地よい秋風にかわいらしく揺れる野の花々。今日のテーマはそんな秋の景色を自宅でも楽しめるフラワーアレンジメントです。オーダースタイルフラワーアトリエBranch.のオーナーにして、フラワー装飾1級の国家資格を持つ日永田綾子先生が初心者でも気軽に挑戦できるアレンジ術をレクチャー。まるで秋の散策に出かけた時のように草花の香りや木の実の感触を目の当たりに感じながら、風流な秋を表現しました。



ステンシル年賀状作成

日永田先生によるご挨拶の後、全体の流れを確認します。今回使用するのは、秋の定番コスモスにレッドフォックスやスカピオザ、ケイトウなどユニークな形の花を加えた9種類。土台には、緑色の山苔を使った「モスベース」を手作りします。まずは、土台作りからスタート。チキンネットワイヤー4面に山苔に敷き詰め、ワイヤーで固めて箱を作ります。



次にオアシスが入った花器をチキンネットワイヤーの箱の中心に設置して、さらに結束バンドでしっかりと結びます。最後にワイヤーで箱全体を巻いて、固定。あまりなじみのない山苔に戸惑っていた生徒さんですが、先生が席を回って一つ一つ丁寧に教えてくれたので、皆さん順調に進んだよう。土台が完成したら、次はいよいよ花をアレンジします。



ステンシル年賀状作成

アレンジに使う花は、ボリュームや長短を考えながら茎を斜めにカットして土台に刺します。色使いも赤やピンク、黄色を引き立てるようにグリーンを加えるとメリハリが出て立体的な印象に。生徒さんは隣同士や先生からのアドバイスを参考にしながら、全体のバランスを何度も調整していました。真剣な表情で花に向き合う時間も、完成後に大きな達成感をもたらしてくれるのです。


一通り花を活けたら、先生が各席を巡って最終チェック。先生のアドバイスを取り入れてみると、また印象が変わります。簡単な事のようで、バランスの妙がもたらすフラワーアレンジの醍醐味を生徒の皆さんも感じてくれたよう。気軽に挑戦しながらも、しっかりとそのジャンルの面白みに触れる事ができるのが「グランドメゾン プレシャス ライフアカデミー」の魅力です。



完成&アンケート記入

完成したアレンジは、多彩な色や形が見事な競演を見せる力作ぞろい。山苔の質感もリアルで、まるで山の風景を切り取ったようなできばえです。その後、先生からアレンジの応用方法やお手入れなどの説明を受けて、講座は終了。最後は感想をアンケートに記入しながら、お茶会を楽しみました。美しい秋の花々を前に今日の出来ばえについて感想を言い合ったり、メモを取ったりと賑やかに終了しました。

秋ならではの楽しみを提案した今回の「グランドメゾン プレシャス ライフアカデミー」。作品は持って帰る事ができるので、参加すると2度楽しめるのも嬉しいポイント。講座を通じて、思わぬ趣味や気の合う友達を見つけた人もいるそうですよ。あなたも自分の楽しみを探しに、ぜひ参加してみてはいかがでしょう。


最新のイベントはこちら