プレシャスライフアカデミー
  • ホーム
12/12(土)ステンシル年賀状教室
参加者集合&ご挨拶

七夕が過ぎ、いよいよ本格的な夏の到来。そこで、今回は暑い日のおもてなしにぴったりの涼しげな寒天の和菓子「錦玉」作りに挑戦します。講師を務めてくださったのは、和菓子と野菜料理の教室「かぶら」主宰の吉峯佐代子先生。食べるのが惜しくなってしまう、かわいらしいモチーフを閉じ込めたオリジナル錦玉の作り方を教えていただきました。



ステンシル年賀状作成

吉峯先生のご挨拶の後は、錦玉作りのデモンストレーションを披露。錦玉は、煮溶かした寒天に砂糖や水あめを加えて、型に流して固めて作る和菓子。寒天の透明な生地を生かして、色をつけたり、練りきりで作った季節の風物を閉じ込めたりと様々なアレンジが楽しめるのも魅力です。今日はかわいらしい練りきりの金魚や星などが準備され、生徒の皆さんも期待に胸を膨らませて説明に耳を傾けていました。



いよいよ実践スタート。鍋に粉寒天と水を入れて混ぜた後、火をつけて沸騰するまで温めます。粉寒天が完全に溶けるまでしっかりとかき混ぜるのがコツ。木ベラですくって寒天の溶け残りが無ければグラニュー糖を加えて火を強め、再び沸騰させて中火で約1分間煮ます。初めて和菓子を作る生徒さんもいらっしゃいましたが、先生のフォローもあり、順序よく進めていました。



ステンシル年賀状作成

グラニュー糖が溶けたら、鍋の中にツヤ出し用の水あめを投入。さらに混ぜながら寒天に色を付ける食紅を加えます。鍋が煮立ったら、くっつかないよう水で濡らした容器を準備して、注ぎ込みます。今回は、透明の寒天のほかに、淡い水色と濃い青色の寒天も用意。さて、どんな錦玉ができあがるでしょうか?


器の中に注いだ透明な寒天の中には色とりどりの豆を、水色の寒天の中には練りきりの金魚、濃い青色の寒天には月と星を箸でそっと埋め込みます。それぞれ寒天の中心で止まるくらいが目安。金魚が入った錦玉には、表面を水面に見立てて爪楊枝で波紋を描きます。固まったら崩れないよう慎重に型から外して完成!



完成&アンケート記入

小さな錦玉の中に具材を配置するバランスが難しく、苦戦した人も多かったものの、どれも見事な出来栄え。生徒さんが作った分はそれぞれお土産としてお持ち帰りいただきましたが、歓談タイム用にと先生お手製のプルンとおいしい錦玉が振る舞われました。思い出にと写真を撮る人、お隣の生徒さん同士でワイワイおしゃべりに花を咲かせている人など、思い思いの時間を過ごして無事終了。
 
小さなお菓子の世界に和の心を表現した今回の講座を始め、ものづくりの喜びを感じるユニークな企画が好評の「グランドメゾン プレシャス ライフアカデミー」。少しでも興味があるなら、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょう。様々な知識を楽しく学べる講座は、あなたの暮らしに新たな1ページをもたらしてくれますよ。


最新のイベントはこちら