プレシャスライフアカデミー
  • ホーム
12/12(土)ステンシル年賀状教室
参加者集合&ご挨拶

九州では昨年よりもひと足早く入梅し、雨に濡れた山々が美しさを増しています。身近な植物にとっても、恵みの雨を一身に受けて活力を増す時期。そこで、今回は、ハンギングバスケット協会マスターの石井康子さんを講師にお招きして、ガーデニング教室を開講。気分もパッと華やぐ、かわいらしい花の寄せ植えを完成させます。



ステンシル年賀状作成

今回の主役は、バラのように優雅な花姿のリーガースベゴニア。暑い日差しに弱いので、基本は室内か明るめの日陰で管理します。また、長い期間花をつけるので、お部屋の装飾にもぴったり。ポトスとミスキャンタスのグリーンを合わせて、華やかに演出します。石井先生お手製のレジュメを用いた説明に熱心に耳を傾ける生徒さん達。さあ、いよいよ作業スタートです。



まずは、花器に鉢底石を敷き詰め、培養土を半分くらいまで入れます。鉢の中でリーガースベゴニアの位置を決めて、その周囲にポトスとミスキャンタスを配置。明るいグリーンの葉っぱを持つポトスと、細く長い斑入りの葉が特徴のミスキャンタスはバランスが悩みどころですが、生徒さん達はお互いに見比べながら、何度も挑戦していました。



ステンシル年賀状作成

植物の配置が決まったら、その周りに培養土を敷き詰めます。生徒さん達は、イスから立ち上がり、体重をかけて土をしっかりと固定。その後も、細やかな作業で花の美しさを引き出していました。ガーデニング初心者の方も石井先生のアドバイスを受け、行程は順調に進んでいました。


培養土を入れ終えたら、植物の位置や角度などを確認し、最終行程へ。水分の蒸発を防ぐため、土の表面に白い石を敷き詰めます。完成後は、石井先生から鉢植えのお手入れについての説明を。夏にかけて増える虫避けの対策や薬剤の説明まで分かりやすく解説いただきました。



完成&アンケート記入

生徒の皆さん、自分の作品でもある寄せ植えに早くも愛着が湧いてきたよう。石井先生の説明後もさまざまな質疑応答が繰り広げられました。最後に、ティータイムを楽しみながら、アンケートに記入。家に持ち帰った後は、どこに飾ろうかと生徒さん同士の話も大いに弾んで、お開きとなりました。

 今回も大好評のうちに幕を閉じた「グランドメゾン プレシャス ライフアカデミー」。今後も、四季折々に合わせた企画を毎月用意しています。生徒さんと先生の歓談タイムもあり、友人や家族と一緒はもちろん、お一人での参加でも楽しめる事間違いなし。ぜひお気軽にご参加ください。次回もお楽しみに!


最新のイベントはこちら