プレシャスライフアカデミー
  • ホーム
12/12(土)ステンシル年賀状教室
参加者集合&ご挨拶

暦の上では、もうすぐ冬の最後の節気「大寒」を迎え、1年で最も寒い時季。自然と温かい室内で過ごす事も多くなりますが、そんな時にこそインテリアにこだわりたいもの。そこで、今回は可憐な花が空間に彩りを添えてくれる「カランコエ・パリ」の寄せ植えにチャレンジします。講師は、ハンギングバスケット協会マスターの石井康子さん。パリを思わせるおしゃれな寄せ植えは、バレンタインのプレゼントにも喜ばれますよ。



ステンシル年賀状作成

はじめに、石井先生から本日の行程と材料について説明いただきます。今回使用する「カランコエ・パリ」は、アイボリーグリーンの花びらを持つ多肉植物で、丈夫で育てやすく、花が長く楽しめるのも魅力。小さな花を枝いっぱいに咲かせる事から「たくさんの小さな思い出」という花言葉もあるそうです。石井先生のアレンジで、パリをイメージした寄せ植えを完成させます。



まずは、花器の底に根腐れ防止のための鉢底石を敷き詰めます。その上から主役となるカランコエ・パリを入れ、高さを調整。周りを囲むように多肉植物を入れて、寄せ植えの位置を決めます。先生のアドバイスのもと、生徒の皆さんは、上や横から何度も眺めてイメージを固めている様子。



ステンシル年賀状作成

植える位置が決まったら、カランコエ・パリや多肉植物の根を優しくほぐし、さらに隙間なく土を入れます。多肉植物は根腐れを起こしやすいものもあり、この時の作業を丁寧に行うことで、鉢がより健やかに育つのです。植えた土の表面には通気性と水はけの良い園芸用土「セラミス」を敷き詰めます。


一通り寄せ植えが終わったら、植え込んだ位置を生徒さん同士で確認し合います。石井先生も各テーブルに回って、最後のチェック。その後、プランターカバーとラッピングペーパーでおしゃれに飾り付けを施します。「カランコエ・パリ」の名前にふさわしい、花の都パリを思わせるプランターの完成です。


完成&アンケート記入

最後は、石井先生が用意されたレジュメを元に、植物の上手な育て方を学びます。初心者でも比較的育てやすいので、この後のアレンジも楽しめそう。 教室にはカランコエ・パリの淡いグリーンの花々が並び、一足先に春を運んできてくれたよう。生徒さん同士の会話も弾みます。

2016年最初の「グランドメゾン プレシャス ライフアカデミー」。今回も好評をいただき、無事に終了いたしました。春にかけて、新しいことを始めたいと考えている方、初心者でも楽しく学べる講座を企画しておりますので、ぜひご参加ください。次回もどうぞよろしくお願い致します。


最新のイベントはこちら