プレシャスライフアカデミー
  • ホーム
12/12(土)ステンシル年賀状教室
参加者集合&ご挨拶

早いもので、今年も残りあとわずか。そこで今回のレッスンは、2016年が実り豊かな一年となるよう、縁起物に願いを込めて、お正月のしめ飾りを作成します。教えていただくのは、オーダースタイルフラワーアトリエBranch.オーナーの日永田綾子さん。フラワー装飾1級の資格を持つ先生ならではのオリジナルしめ飾りは、おもてなしにもピッタリです。



ステンシル年賀状作成

まずは、日永田先生から基本的なしめ飾りの説明と作り方をレクチャー。のしなどにも使われる紅白と金銀の水引に金竹やしめ繩、さらにフラワーアレンジ用の花飾りも加わるので、道具を並べるととても華やか。どんな作品が出来上がるか、生徒さんの期待も高まります。



説明の後は、いよいよ実践スタート。まずは、しめ縄で好みの大きさの輪を作り、麻ヒモで縛って固定します。形の良い輪になるよう調整し、輪ができたら水引を添えて形を整え、再度麻ヒモで縛ります。この時、赤か白どちらかの水引を手前に出すのがお約束。これでしめ飾りの土台が完成しました。



ステンシル年賀状作成

次は、土台に金竹と稲穂の枝を差しこみます。固定した麻ヒモを隠すように和紙を貼ってアレンジ。ここまでで大分しめ飾りの形になってきましたが、中央部分に大きな椿の花をあしらうと、よりかわいらしい印象に。梅や小さな花飾りを加え、さらに彩りを添えます。


ラタンでできたボールと松ぼっくり、ちりめんの飾りを賑やかに飾り付けます。厚みのある飾りはバランスが大事ですが、皆さん真剣な表情で何度も位置を調整しながら納得いく仕上がりにできたよう。その後はしめ飾りに吊るす用のフックを付けて出来上がり。最後に全体のバランスを確認して、手直しを加えます。


完成&アンケート記入

完成後は、先生が生徒さんの作品を一つ一つチェックして、感想を言い合います。皆さん作品の出来には大満足のようで、終始笑顔が溢れる歓談タイムとなりました。花が加わりぐっと華やかさが増したしめ飾りは、見ているだけで幸運を呼び込んでくれそう。お披露目する時が楽しみです。

今年もクラフト、園芸、料理など、多岐に渡る「グランドメゾン プレシャス ライフアカデミー」にご参加いただきまして、ありがとうございました。来年もより気軽に楽しく参加できる学びの場をご用意していきたいと思っております。 2016年もどうぞよろしくお願いいたします。


最新のイベントはこちら