プレシャスライフアカデミー
  • ホーム
12/12(土)ステンシル年賀状教室
参加者集合&ご挨拶

6月13日に、グランドメゾンデザインセンターにて「台湾紅茶でセパレートティー教室」を開催しました。講師は、中国政府認定の中国茶高級茶芸師・中級評価員である青柳 友花さん。二十四節季の話から台湾紅茶の歴史、美味しいセパレートティーの作り方まで、興味深いお話を交えながらたくさんのことを教えていただきました。



ステンシル年賀状作成

二十四節季で言うと、6月13日は初候 螳螂生(とうろう かまきりしょうず)。秋に産み付けられたカマキリが孵化するころで、西日本では梅雨入りのシーズンだそうです。今回教えていただいた台湾紅茶は、そんな季節にピッタリの蜜香。蜜のような甘い香りが特長で、とろけるような後味だそう。まずは茶芸の解説をしていただきながら、先生に淹れていただきました。



台湾紅茶の基本は、まず少し長めの杯(聞香杯:もんこうはい)を使って茶葉の香りを楽しむこと。聞香杯に紅茶を淹れて、お猪口のような小さな杯(茶杯)に移し、聞香杯に残った香りを堪能します。実際に香りを嗅いでみると、とても芳醇な香り。試飲してみると、濃厚な甘さ。みなさんも試飲されながら、うっとりとされていました。



ステンシル年賀状作成

次はいよいよセパレートティー作り。まずは先生がお手本を見せてくれました。それに習って、みなさんも早速チャレンジ!最初にジュースを入れて、丁寧に丁寧に紅茶を淹れていきます。みなさんドキドキされていましたがとってもお上手!2層のきれいなセパレートティーが完成しました。


最後は、お待ち兼ねの試飲タイム。「混ぜるのがもったいない!」とみなさんおっしゃいながらも、味の変化を楽しんでいらっしゃいました。さっぱりとした甘みなので、お茶菓子との相性もバッチリ。夏の来客時にもこのひと手間を加えるだけで、おもてなし度がぐっとアップしそうな予感です。


完成&アンケート記入

台湾紅茶だけでなく、台湾についての話などを聞きながら、講座は終了。一日を振り返ってアンケートを書いていただきました。

簡単にできるセパレートティ、ご家族にも振る舞ってあげてくださいね。きっと喜ばれることと思いますよ。

今後も、プレシャスライフアカデミーでは楽しく夏を乗り切るさまざまな企画をご用意しております。

ぜひご興味がある講座にご参加ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。


最新のイベントはこちら