プレシャスライフアカデミー
  • ホーム
12/12(土)ステンシル年賀状教室
参加者集合&ご挨拶

動物たちが冬眠の準備に入る大寒の「熊蟄穴(くまあなこもる)」ころ。みなさんに良き新年をお迎えいただきたいという願いを込めて「しめ縄飾り教室」をお届けしました。講師は、いつも素敵なアレンジを教えてくださるオーダースタイルフラワーアトリエBranch.のオーナー・日永田綾子さん。今回も、新年のはじまりにふさわしい華やかなしめ縄飾り作りを教えてくださいました。



ステンシル年賀状作成

しめ縄飾りとは、神の領域と現世とを区切る縄張り。新年の神様をお迎えする際、家の中に悪いものが入らないようにする役目を果たしているのだそう。この伝統あるしめ縄飾りを、幸せな一年になるよう想いを込めて丁寧に手作りしていきます。

材料となるのは、右の写真。アイテム一つひとつの意味を教えてもらいながら、早速制作にとりかかりました。



まずは、しめ縄に稲穂と水引をつけるところから。天と地の恵みを受けた稲穂は、五穀豊穣の実りのシンボル。水引は、魂を結び入れるという意味があるとか。この稲穂と水引をアレンジしたら、今度は細いしめ縄をくるくると輪にして取りつけていきます。



ステンシル年賀状作成

次に、結び目部分にアクセントとなる赤い和紙を巻いて目隠し作り。吊り下げ用の飾り紐もつけていきます。ここまで完成したら、しめ縄飾りのメイン・椿のパーツを装着。赤・白の花びらがしめ縄を飾り、だいぶ華やかになってきました。作っているみなさんも真剣な表情。おしゃべりしながらも、手元に集中していらっしゃいました。


最後に、和紙コードと花材パーツをアレンジ。全体のバランスをみて小物パーツの調整したら出来上がりです。お正月が早くこないかなと思ってしまうほど、お洒落なしめ縄飾りが完成しました。和モダンなテイストで新年の神様も喜びそう。自分の手で作ったものだから、きっと飾るときの感動もひとしおですよね。



完成&アンケート記入

講座の締めくくりは、ティータイム。アンケートを書いてもらいながら、ゆっくり休憩しました。みなさん作品を作り上げて、とてもくつろいだ表情。ひと仕事終えたような満足そうなお顔が印象的でした。

今年もたくさんの方々にプレシャスライフアカデミーへ足をお運びいただき、実り多き一年でした。幾多もの出会いに感謝しております。2015年も心と生活を豊かにする教室を続々企画しておりますので、ぜひお気軽にご参加ください。

素敵なしめ縄飾りとともに、幸せ満ちる新年を迎えられますようお祈り申しあげます。


最新のイベントはこちら