プレシャスライフアカデミー
  • ホーム
12/12(土)ステンシル年賀状教室
参加者集合&ご挨拶

野の花が山々を彩り、春も盛りを迎えた4月12日、プレシャス ライフ アカデミーでもこの季節にぴったりの教室が開催されました。今回は、オーダースタイルフラワーアトリエ「Branch.」のオーナーでもあり、フラワー装飾とフラワーカラーの資格を持つ日永田綾子さんを講師に迎え、お花のフレームアレンジを実践します。



ステンシル年賀状作成

今回のテーマ「虹色のフラワーフレーム」とは、赤や紫、黄色など、虹をイメージした色とりどりの生花や造花を飾ったフラワーアレンジメントのこと。日永田先生によるデモンストレーションでは、季節の花々についての解説も加えられ、皆さんの期待も高まります。


実制作では、土台となるフレームを組み立てる作業に挑戦。飾り糸を巻いた円形のパーツ3個を縦に並べ、横にジュートスティックを通して繋げます。ジュートスティックをモールで固定したら、その間に花を生ける試験管をワイヤーでしっかりと付けて出来上がり。パーツを固定するのはなかなかコツがいる作業ですが、隣の人と協力しながら、和やかに取り組みました。


ステンシル年賀状作成

フレームができたら、アーティフィシャルフラワーという、まるで本物の生花のようなリアルな造花を使って飾り付け。今回は、黄色いミモザ、紫のラベンダー、真っ赤なイチゴ、ほのかなピンク色の桜を用意。フレームの柱に巻き付けたり、糸の間に刺したりと、バランスを考えながら、にぎやかに彩ります。

次に緑の葉ものを使ってアレンジを加えます。緑は花の色を引き立てる重要な役なので、大きさや形の異なる葉をあしらってうまく空間を演出するのもポイント。最後に大輪のラナンキュラスなど、季節の花々を色よく飾りつけます。ピンクやブルー、イエローなど、ビビッドな花々を手に、ああでもない、こうでもないと迷いながら作品と向き合う姿は真剣そのもの。


完成&アンケート記入

 フラワーフレームが完成すると、机の上には色とりどりの花々が咲き誇り、まるで春をつれて来たよう。お茶菓子と和やかなおしゃべりを交えながらアンケートをまとめ、しばしのお花見タイムを楽しんだ後に幕を閉じました。一輪でももちろんキレイな花ですが、さまざまな色や形を組み合わせればますます美しく、自分らしさを表現できるのがフラワーアレンジメントの醍醐味。自宅でも簡単にできるので、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

今回もご参加をいただきましてありがとうございました!これからもプレシャス ライフ アカデミーでは、季節をもっと楽しめる、さまざまなコンテンツを用意しています。ぜひ一度足を運んでみてくださいね。


最新のイベントはこちら