プレシャスライフアカデミー
  • ホーム
12/12(土)ステンシル年賀状教室
参加者集合&ご挨拶

毎回人気を集めているフラワーアレンジレッスン。
今回6/11は、英国王立園芸協会日本支部コンテナガーデニング・マスターの石井康子さんを講師にお迎えして「ランの洋風こけ玉づくり教室」を開催いたしました。
会場のグランドメゾンデザインセンター薬院には、教材となるランの花が咲き誇り、到着したみなさんをお出迎え。始まる前から、華やかな雰囲気と芳しい香りに優しく包まれていました。



ステンシル年賀状作成

写真は今回使用したフラワーアレンジの教材。いつもと少し赴きが違い、洋と和のアイテムが並んでいます。まずはランの花を鉢から抜くところから。丁寧に鉢から出したら、花茎を支える盆栽用のアルミワイヤーを水ごけに突き刺していきます。ここまではとても簡単。講師の話に耳を傾けながら、みなさんもスムーズに作業されていました。


次はアルミワイヤーを水ごけの底まで突き通し、ワイヤー自体を曲げて固定。ここからがちょっぴり腕の見せどころ。水ごけから地上に出ているワイヤーをひと捻りして花茎に添えていきます。ワイヤーを好きなカタチにアレンジすれば、ランを引き立てる飾りの出来上がり!ガラスの花器に合わせると、みなさんのフラワーアレンジもアートのよう。和洋ミックスの魅力もだんだん出てきました。



ステンシル年賀状作成

あとは、最後のひと仕上げ。あらかじめ湿らせておいた水ごけを足して、根をガラスの花器に固定してきます。ぐらつかないように形よく整えれば完成!
シンプルながらもランの花が引き立つ、和洋の赴きあるインテリアが出来上がりました。みなさん、ワイヤーアートに個性があり、似ているようで表情さまざま。それぞれ素敵な感性が活かされていました。

教室のラストは、難しいと言われているランの上手な育て方。レジュメに沿ってお手入れの方法なども講義していただきました。これで持ち帰っていただいても、きっとみなさんバッチリ。今ごろはお部屋のインテリアとして、大切に育てていただいていることと思います。



完成&アンケート記入

ランの洋風こけ玉づくりを終えたら、茶菓子と紅茶のおもてなし。ゆったりと休憩していただきながら、アンケートを記入していただきました。作品を作り終えたあとの満足感からか、みなさんとてもいい表情。少しでも心が豊かになれるお手伝いをできていたら、と思っています。
みなさんわざわざ足を運んでくださり、ありがとうございました。また次回、ご興味のある教室があれば、お気軽にご参加ください。みなさんのご参加、心よりお待ちしております。

 


最新のイベントはこちら